News & Topics

コーチングのチャンスを伝える意義

2020年07月22日

さて、このコラムを読んで下さっている方は

〇コーチングに興味がある
〇コーチングを学んでいる
〇コーチとして活動している
〇コーチングを仕事やプライベートで活用している

など、コーチングの良さや魅力を理解し、
体感している方がほとんどだと思います。


では、そんなあなたが、もし
「コーチングを始める良いチャンスとは?」
と質問されたらどう答えるでしょうか?

きっと、いくつか思いつくだろうと思います。


相手にどんなことが起こった時、
相手がどんな状況になった時が
コーチングを始める良いチャンスなのか?


・  ・  ・  ・  ・  ・


それは例えば、

〇職場や職位が変わった時
〇周囲との人間関係が変わった時
〇仕事に対するやる気が維持できなくなった時

など、「人生において何らかの変化が起きた時」
はコーチングを始める良いチャンスです。


また他にも、

「漠然とこのままではいけない、
人生をより良くしたいと思い始めた時」なども
コーチングを始める良いチャンスでしょう。



その一方で、

コーチングを全く知らない方や
コーチングを体験したことがない方は、
「コーチングを始める良いチャンス」に
気づかないことがほとんどです。


コーチングの効果や有効活用の仕方を
知らないわけですから当然ですよね。



そうすると、

相当有名なコーチであるとか
信頼できる人からの推薦がない限り、
相手から「コーチングを受けたい!」と
申し出てくることもほぼないわけです。



だけどこれって、よく考えてみると
もったいないことだと思うんですよね。


なぜなら、

相手にとってはもちろん、自分にとっても
「可能性のある人に関われるチャンス」を
見逃すことになってしまうからです。



だから私は、

コーチや、コーチングを学んでいる人、
コーチングを活用している人たちが
もっと周囲の人たちの「変化」に目を配って、

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

コーチングを始めるチャンスを伝えること

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

が重要だと思っています。


相手からの申し出を待つだけでなく、
自分からも相手に伝えていくのです。


チャンスに気づかないことには
チャンスを活かすこともできませんから。



そして、

チャンスを伝えていくことによって、
今よりもっと多くの人たちがコーチングを
有効に活用できるようになり、

その結果、自分の望む人生を実現していく人が
増えていくと思います。


「コーチングのチャンスを伝える意義」は
正に、そこにあるのではないでしょうか?




貞松 綾子

PAGE TOP

Copyright © 一般社団法人 東京コーチング協会. All Rights Reserved.

ページの先頭へ