プロコーチとして本質を極めたい人のためのTCAコーチングカレッジTripleA Expertコース

TCAコーチングカレッジ「TripleA Expertコース」プログラムの特徴

コーチングの基本的な考え方やスキルを習得した方たちを対象に、実際のコーチングに必要な理論と実践がバランス良く学べるプロフェッショナル・コーチ養成プログラムです。 コーチとしてクライアントの成長を支援するためのスキルに加え、プロフェッショナル・コーチに不可欠な基盤(ファウンデーション)を確立するためのあり方も学べます。

本質を理解する

原理原則(プリンシプル)を、論理と体感で理解する。
クライアントの感情や価値観に焦点を当てる。

実践力を高める

ケース・スタディやディスカッション、ロールプレイなどを通じて、様々なテーマに対応できる実践的なコーチングスキルを修得する。

基盤(ファウンデーション)を確立する

プロコーチとしてのあり方(プレゼンス)を学び、自律したコーチになる覚悟を決める。

国際コーチ連盟(ICF)のコア・コンピテンシーに準拠したプログラムでありながら、これまでにない実践的な切り口で、プロフェッショナルコーチ(※)に不可欠なコンピテンシーが修得できます。

※東京コーチング協会(TCA)が推奨するプロフェッショナルコーチ
 ① 本質を捉えるコーチ
 ② 応用力のあるコーチ
 ③ 自律・自立したコーチ

本プログラムを受講後、認定試験に合格し一定の基準を満たす方は、一般社団法人東京コーチング協会(TCA)認定プロフェッショナル・コーチとしての資格が得られます。 また当協会の認定講師としても登壇できる機会を得ることができます。

本講座を受講して得られるメリット&アセット

  • 職業コーチとしてのスキルアップ(実践的なクライアント支援スキルのレベルアップ)
  • 当協会認定プロフェッショナル・コーチ資格の取得
  • 国際コーチ連盟(ICF)認定資格(ACC・PCC)に必要なトレーニング時間

※ICF資格取得には一定要件を満たす必要があります。詳細はこちら

TripleA Expertコースを受講された方の声

  • 期待以上の内容でした。
    講師のプロフェッショナルな姿に感動し、沢山の学び、気づき、やる気を頂けたコースでした。
  • 沢山のスキルを学びましたが、それ以上に人間的に深みの加わった3か月でした。
    沢山のよい仲間に恵まれました。
    気持ちの良い、来るのが楽しみなスクールでした。
  • 「応用」とは、まさに基礎の知識・スキル・ツールはあたりまえの上で、自分の在り方、人間力を問われる講座でした。
  • あっという間の7日間でした。
    スキル+ファウンデーションの質を高める意識を強く持ちました。
  • 全体的に本質にせまった大変素晴らしいセミナーでした。

こんな方にお勧め

  • 本質を捉え、ファウンデーション(自己基盤)が確立されたプロフェッショナル・コーチになりたい
  • 知識に裏付けされた実践的スキルを身につけたい
  • 汎用的かつ再現性の高いコーチング・スキルを身につけたい
  • クライアントの成長を促すことができるコーチ力を習得したい
  • 職業コーチとして安定したビジネスを展開できるようになりたい

独自の切り口と豊富なケーススタディで、コーチングの本質を極める40単位 40時間

  • 傾聴+視点を変える ─時間・空間─(6時間)
  • 「具体化と抽象化」のスキル(6時間)
  • 対比のスキル(6時間)
  • 因果性のスキル(6時間)
  • 感情と向き合う(4時間)
  • セッションの戦略(6時間)
  • プロフェッショナル・ファウンデーション応用(6時間)
    • 基準を上げる
    • コーチとしてのクレド
    • 倫理規定、コアコンピテンシー

講師紹介・日程

大森 隆

大森 隆

<経歴>
1966年 東京都目黒区生まれ。
青山学院大学経済学部経済学科卒業。

大学卒業後、オリベッティ社(伊)の日本法人に入社。セールス理論に基づく営業教育を受け、営業部門で金融機関向けのシステムの販売を担当。その後ノベル社(米)の日本法人に転職し、組み込み型OSやネットワークシステムのOEM営業を経験。
新製品の販売でNo.1を獲得し、米国本社にて表彰を受ける。

30歳でサン・マイクロシステム社(米)の日本法人に転職。パートナービジネス、法人顧客等に向けて大型機器の商談を担当。
8年間の営業活動の後、企画部門に異動しセールス管理手法の社内導入に携わる。
人材開発部門に志願し異動。アジア地域部門のトレーニングマネージャとして活動し、コーチングスキル研修、リーダーシップスキル研修、セールススキル研修などの企画立案、自ら研修講師を務めた。この頃にコーチングとで合い、国際コーチ連盟認定のコーチ養成プログラム(ACTP)を修了。
2008年末に独立し、コーチングを中心としたビジネスを展開。
2015年から2年間、国際コーチ連盟日本支部の理事に就任。現在もコーチならびに研修講師として活躍中。

士野 楓

士野 楓

<経歴>
韓国ソウル市生まれ。大学留学生として来日、24歳で(株)コスモインターナショナル21を設立、飲食業界を中心に、主に経営コンサルティング、母国語を活かした通訳・翻訳家として活動する。
2005年、世間を震撼させた「姉歯耐震偽装事件」の被害者のひとりとなり、再建の過程におけるさまざまな経験を通じて、「人が人らしく生きることに国籍は関係ない」と帰化を決意、2008年に日本国籍を取得。
2012年、起業して満30年が経ち、携わった店舗数も30店舗を超えたことを契機に第一線を退く。

知人の目標達成を応援するために始めたコーチングが、自分自身の「波乱万丈である人生経験が人の役に立つ」ことを確信し、残りの人生を生涯現役プロコーチとして歩んでいくことを決意、すべてのクライアントと対面で行う独自のコーチング(メンターリング)で、主に、経営に携わるエグゼクティブ、人材育成専門家のコーチや講師たちと真剣に向き合う日々を送る。

「プロコーチに必要なものはスキルやツールは勿論大事だが、"コーチやコーチングのプレゼンス"の強化が不可欠という信念のもと、自らカレッジの“コーチのあり方”の講師、国内外の講演も多数努めている。
また、「コーチは究極のサービス業である」と大いに主張する。 「仕事」とは相手に「感動」を与えることであり、「儲かる」という字は「信」じる「者」と書く。熱心に相手に感動を与える仕事を実践し続ければ、自分を信じてくれる者が多くなり、儲かることにつながることを信じてやまない。

協会の代表理事として、コーチングをアジアに浸透させていく上では「西洋中心」「スキル中心」のアプローチのみならず、「意識的」「文化的」な観点を取り入れることが重要であると考えており、その中で日本が果たすべき役割は大きいと、アジア周辺国々との協働に積極的活動をしている。

<資格など>
・東京コーチング協会 会長
・士野コーチング事務所 代表
・元国際コーチ連盟日本支部 理事
・国際コーチ連盟プロフェッショナルコーチ(PCC)

日程

第1回9月14日(土)傾聴+視点を変える ─時間・空間─10:30~17:30
第2回9月15日(日)「抽象と具体」のスキル+ケーススタディ10:30~17:30
第3回9月28日(土)対比のスキル+ケーススタディ10:30~17:30
第4回9月29日(日)因果性のスキル+ケーススタディ10:30~17:30
第5回10月12日(土)感情と向き合う13:00~17:00
第6回10月13日(日)セッションの戦略10:30~17:30
第7回11月9日(土)プロフェッショナル・ファウンデーション応用(講師:士野 楓)10:30~17:30

欠席した講座については次回に振り替え受講が可能です。

TripleA Expertコースの見学・再受講について

見学を希望される方
3時間まで無料で見学することが可能となっておりますので、事前にお問い合わせください。

再受講を希望される方
再受講の受講料は1日あたり22,000円となります。単位別で受講が可能となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

会場

一般社団法人 東京コーチング協会会議室
〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町9-5-1F
日比谷線「人形町駅」または銀座線「三越前駅」より徒歩約6分

<東京コーチング協会への行き方>
銀座線「三越前駅」または日比谷線「人形町駅」から徒歩6分程度です。
小舟町(こぶなちよう)交差点近くにある「みずほ銀行小舟町支店」が目安です。
同銀行を正面に見て、右手の路地を30メートル程入った右手にあります。
路地を入って少し歩くと右側に小さい駐車場があります。
その隣にあるビルの1階です(外階段の後ろに入り口があります)。

受講料・お申込み

TCAコーチングカレッジに「TCA同時入会」でお申込みいただいた方の2018年度(2018年4月~2019年3月)の年会費(10,000円)は免除させていただきます。会員規程はこちらからご確認いただけます。
※2019年度の年会費よりご案内致します。

TCA同時入会の方(10%OFF)

(360,000円+税)+ 入会金10,000円

406,000円(税込)

TCA会員の方(10%OFF)

360,000円+税

396,000円(税込)

一般の方

400,000円+税

440,000円(税込)

PAGE TOP

PAGE TOP