NEWS

数字に込められたメッセージ

こんにちは。
東京コーチング協会の渥美です。

さて、皆さんは下の数字を見て、
何を思い浮かべますか?

8, 30, 75, 100

すぐにピンときた人も
いるでしょう。

そう、これは、
TCAACやICF ACCの
受験資格として必要な
コーチング実践経験に
関する数字です。

・最低「8」名のクライアントに
・合計「100」時間以上の
セッション実践
・その内、「75」時間は有料
・そして、コーチ同士の
相互コーチングの時間は
「30」時間までです。

あくまでも私の解釈ですが、
私は、この数字にとても意味が
あると思っています。

まず、8名という数字。

1名のクライアントに対して
100時間のコーチングセッション
でも同じ100時間です。

でも、それを認めていないのは、
コーチングがクライアント中心で
テーラーメイドだからだと
思います。

世の中に一人として同じ人は
存在しません。クライアント数が
増えれば増えるほど、
テーラーメイドの経験値も
上がります。

そのため、最低でも
8名のクライアントと
向き合うことで、違いを実感し、
テーラーメイドの大切さを学び
なさいという意味が込められて
いるように感じます。

次に、100時間のコーチング。

8名のクライアントに合計100時間
のセッションを実践するには、
1人あたり12.5時間必要です。
2週間に1回1時間のセッションで
約半年です。

計算上は、
1時間の単発セッションを
100人のクライアントと行うことで
100時間のコーチングセッションを
実践できますが、
現実的ではありません。

やはり半年など一定の期間を
通じてコーチング経験を積むこと
が求められているのだと思います。

また、100時間の内25時間は
無料セッションが認められます。

これは、先ほどの計算だと
12.5時間 x 2名
仮に4名だと、1人当たり6.25時間
分になります。

まずは無料でも良いので、
異なる2~4名のクライアントに
3ヶ月~半年程度の期間の
コーチングにチャレンジしなさい
というメッセージと捉えています。

そして、最後に、コーチ同士の
相互コーチング時間の30時間は
TCA独自の要件ですが、

コーチ同士の相互コーチングは
相手のコーチの気持ちが
わかるだけに、
お互い合わせようとして
しまいがちです。

したがって、
45時間は有料クライアントと
真剣勝負のコーチングの実践経験
を積んでほしいという願いが
込められているのです。

4名の有料クライアントと
12.5時間のセッションを
行うことで50時間達成します。

まずは、
2名の無料クライアントと
2名のコーチ仲間と
2週間に1度のペースで
半年間コーチングを実践してみる
のも一つの方法かもしれません。

それにより、
エッセンシャルコースで学ぶ
プレコーチングから振り返りまで
一通りのプロセスを
実践することができ、

有料クライアントを獲得する
自信にもつながるのでは
ないでしょうか?

皆さんは、
その数字からどんなメッセージを
受け取りますか?

渥美 貴生