東京コーチング協会 会員検索

士野 楓 しの かえで

士野 楓

所属・役職

ICF国際コーチ蓮盟 日本支部 理事
一般社団法人 東京コーチング協会 代表
士野コーチング事務所 代表

事務所所在地

〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町9-5-1F

電話番号・FAX・ホームページURL等

TEL:03-3527-3937

FAX:03-3527-3938

URL:http://shino-coaching.com/

経歴

韓国ソウル市生まれ。大学留学生として来日、24歳で(株)コスモインターナショナル21を設立、飲食業界を中心に、主に経営コンサルティング、母国語を活かした通訳・翻訳家として活動する。
2005年、世間を震撼させた「姉歯耐震偽装事件」の被害者のひとりとなり、再建の過程におけるさまざまな経験を通じて、「人が人らしく生きることに国籍は関係ない」と帰化を決意、2008年に日本国籍を取得。
2012年、起業して満30年が経ち、携わった店舗数も30店舗を超えたことを契機に第一線を退く。

知人の目標達成を応援するために始めたコーチングが、自分自身の「波乱万丈である人生経験が人の役に立つ」ことを確信し、残りの人生を生涯現役プロコーチとして歩んでいくことを決意、すべてのクライアントと対面で行う独自のコーチング(メンターリング)で、主に、経営に携わるエグゼクティブ、人材育成専門家のコーチや講師たちと真剣に向き合う日々を送る。

「プロコーチに必要なものはスキルやツールは勿論大事だが、"コーチやコーチングのプレゼンス"の強化が不可欠という信念のもと、自らカレッジの"コーチのあり方"の講師、国内外の講演も多数努めている。
また、「コーチは究極のサービス業である」と大いに主張する。 「仕事」とは相手に「感動」を与えることであり、「儲かる」という字は「信」じる「者」と書く。熱心に相手に感動を与える仕事を実践し続ければ、自分を信じてくれる者が多くなり、儲かることにつながることを信じてやまない。

協会の代表理事として、コーチングをアジアに浸透させていく上では「西洋中心」「スキル中心」のアプローチのみならず、「意識的」「文化的」な観点を取り入れることが重要であると考えており、その中で日本が果たすべき役割は大きいと、アジア周辺国々との協働に積極的活動をしている。

<資格など>
・東京コーチング協会 会長
・士野コーチング事務所 代表
・元国際コーチ連盟日本支部 理事
・国際コーチ連盟プロフェッショナルコーチ(PCC)

得意分野等

飲食店コンサルティング
エグゼクティブコーチング
パーソナルコーチング

会員検索

TCAコーチングカレッジのTripleAプログラムが、国際コーチ連盟(ICF)認定プログラムになりました。
TCAはCCEプロバイダー
そもそもコーチングって何?コーチングガイド
会員検索
会員登録はこちら
PAGE TOP

PAGE TOP