• ホーム
  • 自分らしく生きるセルフコーチング

自分らしく生きるセルフコーチング

自分らしく生きるセルフコーチング

コーチングは、コーチとクライアントとの対話です。しかしながら、自分自身に語りかけることで自ら気づき、自分で自分を引き出すことができます。このことをセルフコーチングと言います。ここでは、そのセルフコーチングについてご紹介します。

自分に問いかける力が身につきます

コーチングを繰り返すうちに、コーチングの思考法が身につき、一人でもコーチングができるようになります。心の中のコーチが、良い質問を発して、自分自身の中から答えを引き出す働きをします。「自分に問いかける力」とも言えます。「私はいま最高の時間、最良の瞬間を送っているだろうか?」「私の周囲を取り巻く人々に貢献しているだろうか?」「今日一日どんなことが学べるだろうか?」毎日、こんな問いを自分に発することで、自分のその日の「あり方」を考える効果があります。そして自分が夢や目標に向かって進んでいるかどうかを確認することができます。

自分で自分と対話することで、適切な判断ができるようになります

コーチングの目的はコーチに依存することではなく、自律して行動できることにあります。コーチングが目指すところの一つは、セルフコーチングができるようにコーチングの思考のプロセスをクライアント自身の考え方のプロセスの一つとして身につけることにあります。何か困ったことが起きたときなどに、自分で自分と対話することで、これまで以上に適切な判断ができるようになります。

TCAはCCEプロバイダー
TCA情報局
そもそもコーチングって何?コーチングガイド
会員検索
会員登録はこちら
PAGE TOP