• ホーム
  • 医療・介護・福祉現場でのコーチング

医療・介護・福祉現場でのコーチング

医療・介護・福祉現場でのコーチング

医療や福祉の現場では、患者や利用者と接する中で、良好な関係性を築いたり、本人の望む治療やサービスを提供することが重要になってきます。それらを実現するために、コミュニケーションを良好にし、主体的な行動を促すコーチングは相性がよく、高い効果を期待することができます。
またチームで活動することの多い職場なので、従業員同士のコミュニケーションやモチベーションの向上にも役立ちます。

患者や利用者へのコーチング

医学的に正しいことであれば、積極的に患者の意思を尊重した治療や介護を行い、その際にコーチングを用いることは、患者や利用者の満足度を高めることとなります。
但し一般の人々に対するコーチングと異なり、病や疾患を持っている方々を対象とするため、必ずしも積極的な関わりを期待できませんが、原因を追究するのではなく、解決を構築していくソリューション・フォーカスト・アプローチなどの手法で対応することは可能です。

コーチングの進め方

コーチングの進め方は一般のコーチングとほぼ同じです。まずは患者や利用者と目標を設定し、現状とのギャップを認識します。次に自分の持っている強みやリソースを認識するとともに、障害となっているものやことを一緒に考えていきます。そして、目標達成に向けて出来ることを考え、行動に移せるようサポートしていく、という流れになります。

スタッフに対するコーチング

医療や介護の現場では、過重労働、燃え尽き症候群などの問題を抱えています。それらの問題を解決するためには、業務の改善、人材の育成、コミュニケーション力の向上などが挙げられます。これらの問題に関しても、一対一でのコーチングやチームで取り組むチームコーチングを活用した改善が有効となります。

TCAはCCEプロバイダー
TCA情報局
そもそもコーチングって何?コーチングガイド
会員検索
会員登録はこちら
PAGE TOP