• ホーム
  • 教育現場でのコーチング

教育現場でのコーチング

教育現場でのコーチング

学校教育では、いわゆる教えることによって能力や知識を付与する「ティーチング」が一般的です。それに対して、教えない教育とも言われる「コーチング」が学校教育の現場でも導入されています。ここでは、学校現場でどのようにコーチングが活用されているのかを見てみましょう。

主体的・能動的な学習へのコーチングの活用

いま教育界では、学生の主体的・能動的な学びを充実させる方法としてアクティブ・ラーニングが注目されています。アクティブ・ラーニングとは、学生にある物事を行わせ、行っている物事について考えさせること、と言われています。コーチングはまさに、一人一人が自ら考えて自律的に行動できることを目指しており、授業への導入が進んでいます。

スクール・コーチの導入

子どもたちの夢を育てていくうえで、スクール・コーチの活躍が期待されています。子供たちを一人の人間として尊重し、認め、誰もが無限の可能性があると信じて関わることで、子供たちが、より生き生きと毎日を送る手助けができます。

コーチングスキルは人生の基礎教育

コーチングスキルは一部のプロコーチだけのものではありません。よりよい人間関係を送り、明るい豊かな社会を築いていくうえで不可欠な要素です。誰もが学ぶべき会話のマナーとも言えるものです。またコーチングを学ぶことで、自己理解、自己承認、自己肯定感が高まり、自己基盤の強化につながります。

TCAはCCEプロバイダー
TCA情報局
そもそもコーチングって何?コーチングガイド
会員検索
会員登録はこちら
PAGE TOP