TCAコーチングカレッジのご紹介 一般社団法人 東京コーチング協会 Tokyo Coaching Association

TCAコーチングカレッジ「コーチングプロフェッショナルコース第2期」

本コーチングプロフェッショナルコースは、他のコーチ養成機関等で、
コーチングを学んだ経験のある方が受講の対象者となります。

講師インタビュー



プログラムの特徴

コーチングの基本的なスキルや考え方を習得した方たちを対象に、実際のコーチングに必要な理論と実践がバランス良く学べるプロフェッショナル・コーチ養成プログラムです。コーチとしてクライアントの成長を支援するためのスキルやテクニックに加え、プロフェッショナル・コーチに不可欠な基盤(ファウンデーション)を確立するためのスタンスや姿勢も学べます。

本質を理解する

論理(ロジック)と原理(プリンシプル)を理解する。
クライアントの感情や心理に着目する。

実践力を高める

ケース・スタディを通じて、現実のコーチング・シーンを再現しながら学ぶ。
汎用的なコーチング・スキルとテクニックを習得する。

基盤(ファウンデーション)を確立する

プロコーチとしての在り方(プレゼンス)、ビジョン。
自律するコーチへの道。

国際コーチ連盟(ICF)のコア・コンピテンシーに準拠したプログラムでありながら、これまでにないまったく新しい内容のものを提供します。東京コーチング協会(TCA)が推奨する
① 応用力のあるコーチ
② 本質を捉えるコーチ
③ 自律するコーチ
を目指す方に必要な知識と実践的スキル習得を目的にしたプログラムです。

本プログラムを受講後、認定試験に合格し一定の基準を満たす方は、一般社団法人東京コーチング協会(TCA)認定プロフェッショナル・コーチとしての資格が得られます。また当協会の認定講師として登壇できるチャンスがあります。
国際コーチ連盟(ICF)の認定資格(ACC, PCC)の取得および資格更新に必要なCCE(継続コーチ専門教育)を発行します。

本講座を受講して得られるメリット&アセット

職業コーチとしてのスキルアップ(実践的なクライアント支援スキルのレベルアップ)

当協会認定プロフェッショナル・コーチ資格の取得

国際コーチ連盟(ICF)認定資格(ACC・PCC)に必要なトレーニング時間

*ICF資格取得には一定要件を満たす必要があります。詳細はこちら

コーチングプロフェッショナルコース
第0期・第一期を受講された方の声

期待以上の内容でした。本田コーチ、士野コーチのプロフェッショナルな姿に感動し、沢山の学び、気づき、やる気を頂けたコースでした。

沢山のスキルを学びましたが、それ以上に人間的に深みの加わった3か月でした。沢山のよい仲間に恵まれました。気持ちの良い、来るのが楽しみなスクールでした。

「応用」とは、まさに基礎の知識・スキル・ツールはあたりまえの上で、自分の在り方、人間力を問われる講座でした。

あっという間の7日間でした。スキル+ファウンデーションの質を高める意識を強く持ちました。

全体的に本質にせまった大変素晴らしいセミナーでした。

こんな方にお勧め

本質を捉え、ファウンデーション(自己基盤)が
確立されたプロフェッショナル・コーチになりたい

知識に裏付けされた実践的スキルを身につけたい

汎用的かつ再現性の高いコーチング・スキルを身につけたい

クライアントの成長を促すことができるコーチ力を習得したい

職業コーチとして安定したビジネスを展開できるようになりたい

第一線で活躍する
プロフェッショナル・コーチが講師を務めます。

本田 賢広

1970年、福岡県生まれ。
東京大学工学部精密機械工学科卒業。グロービス経営大学院MBA。
幼少からアトピー性皮膚炎と対人恐怖症で、辛い学生時代を過ごす。「人とコミュニケーションができるようにならなければ、決して幸せにはなれない」と、あえて文系就職を志ざし、銀行に入社。
プルデンシャル生命の某支社長に住宅ローンを販売した際、同社の理念に感銘を受け転職。一日14時間以上、年360日の営業活動と、累計2,000万円以上の自己投資で徐々に対人恐怖症を克服すると、成績も向上。

7年目に個人保険部門全国2,500人中2位(件数1位、360件販売)を獲得。累計販売額1,000件・1億円(年換算コミッション収入)を超え、ライフプランナー最高位であるエグゼクティブライフプランナーに就任。MDRT(※)に、同社に在籍した7年間、連続で入会した(※MDRT…世界の生保営業の売上Top1%程度が入会)。
かつては自らの無価値感を、会社の価値ある理念に沿って働くことで埋めていた(代替していた)が、営業実績が挙がるようになり、自己効力感が高まってくると、
「自分自身の理念や使命のために働きたい」、「自分が生まれてきた意味は何か」と、真剣に考えるようになる。
自分の使命は
「まじめさ、繊細さゆえに自信が持てず、良質なコミュニケーションが取れない人を勇気づけ、その状況を突破し、人生が変わるサポートをすること」
「世に貢献し、人々(社員)を幸せにするために、命がけで頑張っている志の高い人(経営者)を、全力で応援すること」
ではないかと感じ独立、エグゼクティブ・コーチとなった。
2014年から3年間、銀座コーチングスクール新宿校代表を務め、3年連続受講者数全国1位を獲得。
現在は、経営者へのコーチングのほか、企業研修(コーチング/リーダーシップ/営業/タイムマネジメント/プレゼンテーションほか)や、TCAコーチングカレッジ プロフェッショナルコース講義を実施している(年間 約280登壇)。
受講者のセルフイメージを高め、自ら気づき、現場で行動を起こしたくなる関わりに定評があり、受講者評価・リピート率でズバ抜けた成果を出しつづけている。

<資格>
・東京コーチング協会 理事/マスタートレーナー
・株式会社セブンフォールド・ブリス 代表取締役
・グロービス経営大学院 MBA

<著書>
《通信講座》
・「タイムマネジメントの基本と実践コース」(PHP研究所)
《小冊子》
・実務シリーズNo.154 「素直さと向上心で、求められる人財になる」(SMBCコンサルティング)
・実務シリーズNo.190 「新入社員の心得と実務」(SMBCコンサルティング)
《DVD・eラーニング》
・「過去最高売上を更新する!今ある3つのフル活用 第1巻 セールス編/第2巻 部下指導編/第3巻 時間経営編」(レガシィ)
・「高額商品が売れる お客様の心を動かすセールス講座」(PHP研究所)
・「リーダーのための部下の心を動かすコミュニケーション」(PHP研究所)
・「ビジネスパーソンのためのタイムマネジメント」(PHP研究所)

<研修・コーチング実績企業(敬称略、順不同)>
楽天/小田急電鉄/大和ライフネクスト/三井住友銀行/りそな銀行/野村證券/大和証券/プルデンシャル生命保険/オリックス生命保険/大同生命/千寿製薬/ニプロ/大阪ガス/広島ガス/クレハ/マツダパーツ/静岡セキスイハイムインテリア/白寿生科学研究所/日立ハイテクノロジーズ/日経ビジネススクール/SMBCコンサルティング /三菱UFJリサーチ&コンサルティング/NCBリサーチ&コンサルティング/東京商工会議所ほか多数
【 研修  】累計3,000時間以上、延受講者数5,000人以上
【コーチング】累計2,000時間以上、累計クライアント数500名以上

≫ 続きを読む

士野 楓

1958年韓国ソウル市生まれ。
1976年、大学留学生として来日、卒業後、帰国せずに24歳で(株)コスモインターナショナル21を設立、飲食業界を中心に、主に経営コンサルティング、母国語を活かした通訳・翻訳家として活動する。
2005年、世間を震撼させた「姉歯耐震偽装事件」の被害者のひとりとなり、再建の過程におけるさまざまな経験を通じて、「人が人らしく生きることに国籍は関係ない」と帰化を決意、2008年に日本国籍を取得。
2012年、起業して満30年が経ち、携わった店舗数も30店舗を超えたことを契機に第一線を退く。

知人の目標達成を応援するために始めたコーチングが、いつの間にか、「波乱万丈であった自分の人生経験が人の役に立っている」ことを確信し、残りの人生をプロコーチとして歩んでいくことを決意。クライアントと真剣に向き合う日々を送る。
「人の成長には、スキルよりも"人間力"の強化が不可欠」という信念のもと、自身の経営者としての経験・実績を生かし、主にサービス業界に携わる人々のパフォーマンス向上に力を注ぐ。
また、「コーチは究極のサービス業である」と声を大にする。 「仕事」とは相手に「感動」を与えることであり、「儲かる」という字は「信」じる「者」と書く。熱心に相手に感動を与える仕事を実践し続ければ、自分を信じてくれる者が多くなり、儲かることにつながることを信じてやまない。
世界基準のコーチングを日本に広める国際コーチ蓮盟(ICF)日本支部における活動の傍ら、東京コーチング協会(TCA)設立に深く関わり、コーチやコーチングのプレゼンス向上に貢献する。コーチングをアジアに浸透させていく上では、「西洋中心」「スキル中心」のアプローチのみならず、「意識的」「文化的」な観点を取り入れることが重要であると考えており、その中で日本が果たすべき役割は大きいと信じている。
エグゼクティブ・ビジネスコーチ、プロコーチ等のメンターコーチ。
年間のセッション時間数は1,000時間を超える。
・国際コーチ連盟 日本支部 理事
・東京コーチング協会 会長
・士野コーチング事務所 代表

≫ 続きを読む

※詳細は下記日程表をご確認ください。
※ご都合が悪い場合、次期開催予定の同じプログラムへ振替受講が可能です。

独自の切り口と豊富なケーススタディが
コーチの視点力を鍛える
コーチングの本質を極める40単位 全40時間

本コーチングプロフェッショナルコースは、他のコーチ養成機関等で、
コーチングを学んだ経験のある方が受講の対象者となります。

実施日 講座名 実施時間 講師名
2017年11月26日(日) 傾聴+視点を変える ─時間・空間─ 10:00~17:00 本田 賢広
2017年12月10日(日) 「抽象と具体」のスキル+ケーススタディ 10:00~17:00 本田 賢広
2018年1月21日(日) 対比のスキル+ケーススタディ 10:00~17:00 本田 賢広
2018年2月3日(土) 因果性のスキル+ケーススタディ 10:00~17:00 本田 賢広
2018年2月18日(日) 感情と向き合う 13:00~17:00 本田 賢広
2018年3月4日(日) セッションの戦略 10:00~17:00 本田 賢広
2018年3月18日(日) プロフェッショナル・ファウンデーション応用 10:00~17:00 士野 楓

■第一期の日程についてはこちらからご確認ください。

会場

一般社団法人 東京コーチング協会 新宿セミナールーム
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-3-32 カーメルI 101号室

受講料

受講料は、銀行振り込み、またはクレジットカード(PayPal)でお支払いいただけます。
お申し込み手続き完了後、お振込先口座情報及びカード決済情報をメールにてお知らせします。

見学・再受講について

■見学を希望される方
3時間まで無料で見学することが可能となっておりますので、事前にお問い合わせください。

■再受講を希望される方
再受講の受講料は1日あたり21,600円となります。単位別で受講が可能となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

東京コーチング協会とは

東京、日本橋を拠点としてコーチングを日本、及びアジアへ普及させる活動を行っています。
会長2名、理事8名、運営委員8名、主に現役のプロコーチで構成されています。広報が担当するTCA情報局ではコーチ及び各分野の専門家と、それを必要とする方のマッチングを行っています。

最近の活動

2016年5月28日 東京国際フォーラムにて第1回日韓コーチング・シンポジウム開催

韓国から韓国コーチ協会(KCA)国際コーチ連盟(ICF-Korea)(ICF-Seoul)が参加。
日本からは東京コーチング協会、国際コーチ連盟(ICF-Japan)、杉井要一郎氏(GLEDIS,Inc.)、谷口貴彦氏(マスター認定コーチ)が参加。

2016年8月28日 東京コーチング協会が主催となり毎月1回のプロコーチ向けセミナーを開始

・ケーススタディを使ったコーチング戦略研究
・コーチングの可能性が広がる『クリーンランゲージ入門』講座
・コーチの視点から学ぶ 『コーチングの風景』 体験セミナー

2016年10月1日 東京コーチング協会韓国チャプター設立

韓国チャプター代表として朴 哲秀理事が就任。

2016年10月31日 東京コーチング協会がCCEプロバイダーに認定

CCEとは、継続コーチ専門教育(Continuing Coach Education)の略で、東京コーチング協会はICFの認定資格の更新に必要となる上級トレーニングプログラムを提供しています。

2016年11月3日 南ソウル大学にて講演

東京コーチング協会 会長 士野 楓が南ソウル大学に招待され講演を行いました。

2016年11月4日 韓国コーチ協会(KCA)主催 韓国コーチ大会へ招待参加

東京コーチング協会会長 士野 楓が招待講演を行いました。

2016年11月7日 韓国アジュ大学校 経営大学院とMOUを締結

韓国アジュ大学校 経営大学院はコーチングを正式な学問と捉え、その発展を推めるため東京コーチング協会とMOUを締結しました。

2017年2月4日 東京コーチング協会主催TCAコーチングカレッジ開講

(予定)コーチ養成機関等でコーチングを学んだ経験を持つ方を対象とした「プロコーチとして活躍するための講座」を開催 。

受講料

受講料は、銀行振り込み、またはクレジットカード(PayPal)でお支払いいただけます。
お申し込み手続き完了後、お振込先口座情報及びカード決済情報をメールにてお知らせします。

MENU
TCAはCCEプロバイダー
TCA情報局
そもそもコーチングって何?コーチングガイド
会員検索
会員登録はこちら
PAGE TOP